特定技能の手続き

Q12 造船・舶用工業分野の特定技能外国人受入れ協議・連絡会の加入について

投稿日:

【広告】 特定技能ビザ申請 200,000円 土日祝・夜間・出張相談可能             外国人雇用は、外国人ビザ専門の行政書士清水オフィスにおまかせください!

 

 

A 初めて造船・舶用工業分野の特定技能外国人を受け入れるときは、その特定技能外国人が入国後4か月以内に、特定技能外国人の受入れに関する協議会に加入し、加入後は、協議会に対し必要な協力を行うなどことなどが求められます。

・造船・舶用工業分野の特定技能協議会は、学識者、特定技能所属機関、登録支援機関、造船・舶用工業事業者団体、試験実施機関、関係各省を構成員として、特定技能外国人の適正な受け入れ、保護等のために、相互の連絡連携を図り、必要な措置を講ずることを目的として国土交通省(事務局:海事局船舶産業課)に設置されています。

・活動内容として、制度の趣旨や優良事例の周知、人権上の問題への対応策の検討、事業主等の法令遵守の啓発、倒産等においての転職支援、その他調査、啓発、証明などを行います。

・協議会の加入、変更、退会手続きに関する窓口は、この事務局となります。

・入会は、地方出入国在留管理局への申請に先立ち、事業者自身が、造船・舶用工業分野に係る事業を営む者であることについて、国土交通省に「確認申請書」を提出し、事業者と確認されると「確認通知書」が交付されますので、「協議会の加入申請書」を船舶産業課長に提出するか、確認申請書の段階で同時に行うこともできます。

・加入申請書により造船・船用工業事業者と確認されると構成員となり、「加入通知書」が交付されます。

 

Q&A 特定技能の「造船・舶用工業分野」について、詳しく教えてください」に戻る。

 

併せて、

造船・舶用工業分野に必要な提出書類リスト(特定技能ビザ)

特定技能の在留資格変更手続きの必要書類は?(外国人本人編)

特定技能の在留資格変更手続きの必要書類は?(事業主・法人編)」

特定技能の在留資格変更手続きの必要書類は?(個人事業主編)

をご覧ください。

 

また、最近の「2022年6月1日からの水際対策(概略)」もご覧ください。

 

 

お問い合わせ

  

名古屋就労ビザセンターへの

お問い合わせは、

➀電話or②お問い合わせフォーム

から受付けております。

単なるご相談にはお答えできません。

ご相談のみをご検討の方は、お問い合わせをお断りします。

 

TEL 052ー201-5182

   (タップすると、直接つながります)

 

 

   

-特定技能の手続き

Copyright© 名古屋外国人就労ビザセンター , 2022 AllRights Reserved Powered by micata2.