ケース別ビザの手続き

外国人を派遣社員として雇うなら

投稿日:2017年10月13日 更新日:

【広告】 就労ビザ申請 100,000円 土日祝・夜間・出張相談可能             外国人雇用は、外国人ビザ専門の行政書士清水オフィスにおまかせください!

 

 

外国人を派遣社員として雇うことはできます。

ただ、通常の派遣とは違います。

 

 

派遣元会社に正規雇用として雇われる

派遣元会社に「正社員・契約社員」として雇われる必要があります。

これを、「特定派遣」と言います。

 

派遣先会社に雇われるわけではありません。

派遣元会社に雇用契約を結び、給料も派遣元会社から支払われます。

ですので、派遣元会社の経営状況や日本人と同じ給与水準などを審査されます。

注意点として、派遣元会社に登録だけをして就労ビザは取れません。

派遣先会社が決まっていて、そこでの職務内容が重要になるからです。

 

 

派遣先会社

職務内容については、派遣先会社を審査します。

派遣先会社での職務内容が就労ビザに当てはまらなければ、就労ビザはもらえません。

派遣先会社で雇用されるわけではないので、派遣先会社の経営状況は審査されません。

 

 

まとめ

派遣社員での就労ビザをとるには、

1.派遣元会社と雇用契約を結んだ外国人社員

2.外国人社員の学歴、学校での専攻と仕事内容のリンク

3.派遣先会社での仕事内容・事業内容

4.派遣元会社の経営状況

5.日本人と同じ給与水準は、派遣元会社

が必要です。

 

 

お問い合わせ

  

名古屋就労ビザセンターへの

お問い合わせは、

➀電話or②お問い合わせフォーム

から受付けております。

単なるご相談にはお答えできません。

ご相談のみをご検討の方は、お問い合わせをお断りします。

 

TEL 052ー201-5182

   (タップすると、直接つながります)

 

 

   

-ケース別ビザの手続き

Copyright© 名古屋外国人就労ビザセンター , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.