就労ビザの基礎知識

外国人を雇う3つのパターン

投稿日:

【広告】 外国人就労ビザ申請 98,000円 土日祝・夜間・出張相談可能        外国人就労ビザは、外国人ビザ専門の行政書士清水オフィスにおまかせください!

 

 

外国人を雇う3つのパターンは、以下の通りです。

⑴日本にいる留学生を新卒などで雇うパターン

⑵転職で雇うパターン

⑶海外にいる外国人を採用するパターン

それぞれ、解説していきます。

 

 

⑴日本にいる留学生を新卒などで雇うパターン

日本にいる留学生を新卒で雇うことはよくあります。

この場合、現在持っている在留資格を変更する必要があります。

 

システムエンジニアとして雇う場合

「留学」という在留資格→「技術・人文知識・国際業務」に変更

通訳翻訳として雇う場合

「留学」→「技術・人文知識・国際業務」に変更

 

では、調理専門学校卒業生を中華料理人として雇うのは、OKでしょうか?

 

答えは、NOです。

日本人の場合、調理専門学校卒業生を料理店で雇うのは当たり前のことです。

ですが、外国人の場合、外国料理のコックとして雇われるには、実務経験があるかどうか必要になります。

実務経験は、タイ料理の場合は5年以上、その他の外国料理は10年以上です。

 

スケジュールに気をつける

また、スケジュールにも気を付けてください。

4月1日付で採用となる場合、「留学」→就労が可能な資格に変更が完了し、在留カードに「就労可」と記載されて、仕事に就くことができます。

しかし、4月1日時点でそれが完了していない場合、外国人は仕事に就くことができません。

 

このような事態を避けるために、12月中までに変更申請を済ませることをおススメします。

 

 

⑵転職

会社を退職し、別の会社に転職するケースは、よくあります。

 

まず、確認することは、

 

①なんの在留資格を持っているか

②期限はいつまでか

です。

もし、前の会社と新しい会社での仕事内容などが違えば、在留資格を変更しなければなりません。

 

転職先が、前職と同じ仕事内容なら?

では、もし同じような仕事内容であったら、何か手続きは必要なのでしょうか?

例 前職 システムエンジニア→転職先 システムエンジニア

 

答えは、特に必要ありません。

同じような仕事内容であれば、手続きは特別必要ありません。

 

ですが、「就労資格証明書」という書類を、入国管理局から取得することを「おススメ」します。

なぜ、「取得しなければならない」ではなく、「おススメ」なのか。

それは、この書類があくまでも任意だからです。別に、取得しなくても問題にはなりません。

 

ですが、在留資格は前職の時に取得したものです。前職の会社がどういう事業をしていて、継続性・安定性はどうなのか。給与水準は、日本人と同じか。などをチェックされています。

たとえ、おなじ仕事内容でも会社が別なのです。

仕事内容が変わらないからといって、在留資格を変更しない場合、次回の更新の際に「ここでは働いてはいけませんよ」と言われたら、もうそこで働けません。

 

会社としては後任者を新たに募集しなければなりませんし、外国人は求職活動をしなければなりません。仕事内容を変えて、新しく申請しても時間がかかります。

その場合でも、在留資格の期限は刻々と迫っています。

 

これを防ぐには、「就労資格証明書」を取得することが無難です。この「就労資格証明書」は、この転職先で働いてもいいかどうかを、あらかじめ入国管理局に審査してもらう書類なのです。

 

 

⑶海外からの採用

海外にいる外国人を、人材紹介会社などを介して雇うことも増えています。

この場合、どんな手続きをとるかというと。

 

 

①海外から呼び寄せる

②ビザ免除国の外国人を、「短期滞在」で呼び、変更する

 

①が通常の方法です。

②もできなくはないですが、裏ワザです。本来、「短期滞在」の変更は認められません。

 

 

お問い合わせ

    

名古屋外国人就労ビザセンターでは、外国人の就労ビザの無料相談を実施中です!

雇用予定の外国人がビザを取ることができるのか
雇う場合の注意点
を診断させていただきます。

また、必要に応じて、
どんな流れ?
どんな書類が必要?
というようなお悩みにお答えします。

お問い合わせは、➀電話or②お問い合わせフォームから。

 

TEL 090-4160-0289
(タップすると、直接つながります)

 

 

 

 

 

 

 

-就労ビザの基礎知識

Copyright© 名古屋外国人就労ビザセンター , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.