就労ビザの基礎知識

この外国人は雇ってはいけない!(短期滞在ビザ)

投稿日:

【広告】 就労ビザ申請 120,000円 土日祝・夜間・出張相談可能             外国人雇用は、外国人ビザ専門の行政書士清水オフィスにおまかせください!

 

 

観光や親族・知人に会いに日本に来た外国人が求人に応募してきたとしても、

雇ってはいけません。

その人の能力や性格がダメなのではなく、

「短期滞在」ビザでは就労が絶対にできないのです。

 

 

短期滞在ビザ

短期滞在ビザは、観光や短期商用(商談や会議など)、親族・知人訪問などで使われるビザです。

「短期」なので、長期間滞在をすることはできません。最長で、90日です。

つまり、3か月のみ滞在するビザですね。

 

短期滞在ビザは、短期間しか日本にいれませんし、観光や商談・会議などが目的ですので、働くことはできません。

また、アルバイトで雇うこともできません。

 

 

短期滞在ビザから就労ビザの変更

もし、短期滞在ビザに内定を出したらどうしたらいいのでしょうか。

この「短期滞在」ビザでは働くことはできないので、就労ビザに変更する必要があります。

 

ですが、原則として短期滞在ビザ→ほかのビザに変更することはできません(法律上、そうなっています)。

ただ、短期滞在ビザの期間中に「在留資格認定証明書交付申請」を行い、認定証明書が出たら「在留資格変更申請」を

行うという方法があります。

入国管理局の窓口に申請書類一式を持っていき、交渉をします。

交渉の結果、窓口で審査官が受け付けてくれたら変更申請できます。

これは例外の方法ですので、絶対にできるものではありません。

 

認定証明書は、「海外から外国人を呼ぶ方法では?」と思われた方もいらっしゃるでしょうが、

短期滞在ビザから認定証明書交付申請の変更を認められたら、申請できます。

 

 

短期滞在ビザの期間内が勝負

短期滞在ビザは、90日以内です。

15日、30日、90日、という在留期限があり、

変更ができるのは「90日」のみです。

「15日」「30日」が期限の短期滞在ビザや認定証明書取得後に「短期滞在」ビザで入国している外国人は、

変更できません。

 

この「90日」の短期滞在ビザを持っている外国人は、入国してすぐに「在留資格認定証明書交付申請」を行います。

1か月~2か月くらいで審査結果が出ます。

ここで問題になるのは、短期滞在ビザの在留期限です。

「90日」以内に変更申請の結果が出ればいいですが、期限までに間に合わないことがあります。

期限までに間に合わなければ、日本から出国しなければなりません。

 

ただ、例外措置として、90日以内に変更申請が受理されれば、90日を超えても審査結果が出るまで日本に在留してもOKです。

ただし、これは90日以内に認定証明書を取得しており、90日以内に変更申請をしていることが必要です。

間違ってはいけないのは、90日の期限ぎりぎりに認定証明書交付申請をしなければ、認定証明書が発行されず、例外措置が適用されません。

 

短期滞在ビザの在留期限内に日本から出国しなければ、不法滞在となり退去強制になってしまいます。

そうすると、5年は日本に入国できません。

ですので、十分に注意してください。

 

 

お問い合わせ

  

名古屋外国人就労ビザセンターでは、外国人の就労ビザの無料相談を実施中です!

 

・雇用予定の外国人がビザを取ることができるのか

・雇う場合の注意点

を診断させていただきます。

 

また、必要に応じて、

・どんな流れ?

・どんな書類が必要?

というようなお悩みにお答えします。

 

お問い合わせは、➀電話or②お問い合わせフォームから。

 

TEL 090-4160-0289

(タップすると、直接つながります)

 

 

 

-就労ビザの基礎知識

Copyright© 名古屋外国人就労ビザセンター , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.